本文へスキップ

相続 ・贈与、遺言書作成

東京都行政書士会:豊島支部 

(登録番号:10082483 会員番号:8322)

相続・贈与、遺言書作成等INHERITANCE

相続問題は他人事ではありません。相続税より“争族勢”

自分には相続や遺言書なんて関係ないと思っていませんか?

確かに相続税となると4%程度の方の問題ですが、相続そのものとなると大多数の方に関わる問題となります!

遺産はプラスのものに限りません。借金などの債務、連帯保証人の地位などマイナスの遺産も相続されるからです。

また、遺産を巡る親族間での争いの種にもなりまねません。


■ 相続の原則
相続は遺言書がない場合、民法の規定に従い法定相続されます。勿論、協議を行い相続人全員の同意が得られれば分配は自由です。

遺言書がある場合には被相続人の意思が尊重されます。しかし、特定の相続人には最低限の財産取得権利である遺留分というものがあります。


■ 遺言書作成の必要性が高いケース

・面倒をみてくれた特別な方や内縁の妻など相続権がない親族以外の方に財産を遺してあげたい場合

・結婚しているが子供がいない場合

何度が結婚し、その都度子供を授かっている場合

死別した配偶者の財産を相続している場合

子供が複数人いる場合や仲違いしている場合

不動産など分割し難い財産がある場合

会社経営やマンション経営などをしている場合

・死後にペットの事など気掛かりになる事がある場合

・葬儀などに希望がある場合

・・・など、法定相続となった場合に問題発生の可能性があるケースなどは要注意となります。


■ 相続には期限がある
プラスの財産の範囲内で借金等の債務を相続する限定承認(法定相続人全員の合意が必要)や相続放棄をする場合の届け出(3ヶ月以内)や被相続人の準確定申告(4ヶ月以内)、相続税の申告・納付期限(10ヶ月以内)など各手続きには期限があります。


■ 相続・相続放棄の注意点
・相続は、プラスとマイナス双方の遺産を引き継ぐ
・遺言書がない場合の被相続人名義の預金口座は凍結される
・相続放棄をすると次の順位の相続人に権利義務が引き継がれるため負債がある場合には注意が必要


■ 遺言書の種類
自筆証書遺言…遺言者本人が全て自筆で作成する遺言書

公正証書遺言…公正役場で手続きし公証人に作成してもらうもので証人2人(推定相続人は不可)が必要

秘密証書遺言…自作の遺言書に封をし公証役場でその存在を証明してもらう

*それぞれ費用、保管、内容の秘密性及び相続手続開始に関して一長一短があります。

バナースペース

行政書士 法務オフィス太田

〒170-0013
東京都豊島区東池袋3‐15-2
ライオンズマンション池袋 801

TEL 03-6912-6915
FAX 03-6912-6916
e-mail:gho-ota@hb.tp1.jp

■ アクセスはこちら